WHERE HAPPINESS BEGINS | 幸せはどこからくるの
WHERE HAPPINESS BEGINS | 幸せはどこからくるの

WHERE HAPPINESS BEGINS | 幸せはどこからくるの






¥1,500
(税込、送料別)

配送について

2021 // Nominated for the Kate Greenway Award
(2021年 イギリスのケイト・グリーナウェイ賞選出)

2021 // Longlisted for UKLA Book Awards
(2021年 ULKA ブック・アワードのロングリストに掲載)

▼どんなえいご絵本?

あなたは幸せを捜していますか?それが本当に遠くに感じられることもあれば、共有せずにはいられないほどたくさん持っていることもあるでしょう。それを追いかけたり、コントロールしたり、とらえようとすることはできますが、たとえそれがしばらく消えたように見えても、決して遠くにはないことがわかるでしょう...。

自分の中にある幸せに気づける人でありたいと思う人へ。子どもたちと幸せや感情について語り合うのにおすすめの一冊です。

「WHEN SADNESS IS AT YOUR DOOR」に続く、小さな子どもが大きな感情と向き合えるエヴァ・エランドの絵本第2弾。やさしい色合いのイラストで、絵を見ながらでもストーリーを感じることができます。


▼著者について

Hi, I’m Eva! I’m an author, illustrator and artist living in Amsterdam together with my husband, Mauri, and our baby, Livia. I love drawing from observation, experimenting with traditional materials, printmaking and finding ways to draw digitally that look and feel analogue. I’m often on a mission to learn more about storytelling, narrative illustration and whatever subject it is that I choose to make a picture book about. A lot of my work originates in drawing, which is just another way of looking very closely to the world around me. Fascinated by human behaviour and psychology, I don’t shy away from the more difficult subjects like sadness, loneliness and the creative process. I like to address those in my work, but often in an encouraging or humorous way. My work celebrates ordinary moments and things, creating space for reflection, comfort and hope. Within the limitations of a picture book and a page, I try to push the boundaries and am always trying to find ways to distill the many things I’d like to say in a clear, but moving reading experience. I’m often accompanied by many ideas and characters that, unfortunately, I have to ignore sometimes to make sure that I actually finish what I’m working on. I’m currently working on my third picture book with Andersen Press.

引用:https://evaeland.com/about-2/

作家であり、イラストレーター、アーティストであるエバは、 夫のマウリと赤ちゃんのリビアと一緒にアムステルダムに在住。 観察して絵を描いたり、版画やアナログのように見えるタッチをデジタルで描く方法を実験しながら続けている。そしてストーリー性のあるイラストや、絵本のテーマについても学び続けている。 彼女にとって絵を描く事は、周りの世界をよく見るためのもうひとつの方法。人間の行動や心理に惹かれており、悲しみや孤独、創作の過程など、難しいテーマにも向き合いながらそれを励ましやユーモアのある方法で表現している。 エバは、日常の瞬間や物事に対して祝福し、内省、慰め、希望のための空間を作り出すことができる。絵本の限られた1ページの中で、伝えたい多くのことを、明確でありながら感動的な読書体験として抽出する方法を常に見つけようとしている。 現在、3冊目の絵本をアンデルセンプレスと共同制作中。 (HELLO, WORLD!で翻訳しました)

 

著者名 Eva Eland (著)
出版社名 Andersenpress
外寸 21.6 x 0.5 x 24cm
ページ数 32ページ
発売日 2021/2/4